外国語を学ぶ、ということは簡単ではありません。
自分が今まで使ってきた言語以外を覚えるのは難しい事だと言えます。
しかし、昨今の日本では身近に多くの外国語が潜んでいます。
例えばゲームやアニメなどを見てみても外国語、主には英語などの単語が由来になった登場人物や技名などあります。
そういったものを通じて印象に残ったものであれば、後からその由来を知ればすんなりと頭に入れることができます。

また、最近は気軽に海外発のドラマや映画などを見れるようになってきています。
昔は高いお金を払って語学学習をしていましたが今はお金をかけずに学ぼうと思えば可能なのです。
自分のときはお金がなくて、今すぐお金を借りないと語学学校に行けないくらい貧乏でした。(今すぐお金
今の時代は月に1000円もあれば海外ドラマをネットで見放題の時代なのでいいです。

映画などでも英語を聞きながら日本語字幕を見ればリスニング力の向上に繋がりますし、逆でも勿論有意義です。
机の上で学ぶ外国語でもそれなりに極めれば海外に出ても通用するレベルにはなります。
しかし、やはりネイティブの人たちが実際に会話しているところを聞くということは実用外国語を学ぶのに有意義です。
参考書などではあまり見ることのないような表現なども沢山出ますので「こういう言い方をするんだ」という発見もあります。

特にハングルや中国語を学ぶ場合ですと、韓流ドラマを見ることも手段の一つとして利用できるかと思います。
一昔前にブームが来て、今は日本ではややブームが去ってしまったような印象を受けます。
しかし、韓流ドラマには多くの魅力がありますし、先ほどお話ししたようにドラマや映画などを通じて得るものは多いです。
ハングルや中国語は一見すると英語などより複雑そうに見えます。
しかし、少し勉強すれば意外と日本語に近く、簡単に理解できる内容であると言えます。
韓流ドラマを見ながら勉強する、というのも中々に面白いです。